読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞台「マクベス」を観る前に。(関連書籍など雑記)

8

6月末から関ジャニ∞丸山隆平が主演で上演される舞台「マクベス
実は「マクベス」という舞台を一度でいいから生で観たい!というのが死ぬまでにやりたい事のひとつでした。
丸ちゃん主演で上演されると聞いたときは、丸ちゃんのマ………!と声も出せないほど興奮しました。マクベスだよっ!

そんな私が今までに見聞きしたマクベス関連のあれやこれをまとめておく為だけの備忘録です。

マクベス観る前にこれを読め!観ろ!みたいな事は一切ないからね!!為になる情報とかもないよ!!



本の話だよ。


マクベス (新潮文庫)

マクベス (新潮文庫)

一番最初に読んだシェイクスピアマクベス。中学生のときかなぁ。
あ、マクベス読もう、と唐突に思い、書店で手に取りました。

いま読んでいるのはこっち

マクベス (岩波文庫)

マクベス (岩波文庫)

最初に読んだときは、新潮文庫が好きだったからそれを。今は違う訳者の本も読んでみようか、と岩波文庫の本を手に取ってみました。
今読んでいるとか書いたけれど、実は1ページも開いていない。早く読まなきゃなぁ...


関連書籍

今まで読んだ本の中から。
ちょっとだけ台詞が引用されているものから、マクベスをなぞったような作品まで、色々です。


No.6 - あさのあつこ

NO.6♯1 (講談社文庫)

NO.6♯1 (講談社文庫)

所々、マクベスの台詞が引用がされています。
あとは、“ネズミ”という登場人物がマクベスを好きだそうです。(Wikipedia情報)
この本、小学生のときに読んだんじゃないかな…9巻(番外編も合わせると計10巻)までありますし、BLとも取られかねない表現が出てきます。アニメ化されていたりします。


箱庭図書館 - 乙一

箱庭図書館

箱庭図書館

劇中の「人生はただあるき回る影法師」という台詞が何度か出てきます。
これは、“読者から募集したボツ原稿を乙一さんがリメイクして新たな作品を作る”という小説のコンセプトからしてとても面白い作品です。よかったら読んでみてね…!


あるキング - 伊坂幸太郎

あるキング (徳間文庫)

あるキング (徳間文庫)

あるキング: 完全版 (新潮文庫)

あるキング: 完全版 (新潮文庫)

マクベスになぞらえて作られた作品です。
運命に逆らえない王子・山田王求の自伝的小説です。マクベスにも登場する三人の魔女が出てきたり、マクベス要素は強めかなと思います。ただ、野球の話でもあるので、その辺りは興味ないと厳しいのかな。
マクベスを難しいと感じるなら、この作品も難しいです…面白いのですけどね、難しいものは難しい。笑 現代であるだけ理解はしやすいのかとも思いますが。

この本は単行本と文庫本があるのですが、文庫本では加筆修正された雑誌版・単行本版・文庫版の三種類の「あるキング」が読めます。同じ物語だけれど、少し違うお話が三種類入っているんですよ…!
この三種類の物語からは雑誌版・単行本版は曇り空のようなどんよりとしたもの、文庫版は前者と同じくどんよりとしているものの少しの希望ではないけれど光のような、何かが見えたような印象を受けました。あれ、マクベスの話じゃなくなってるかな……



舞台

観られる機会があったので、いくつか観ました。(まだ観ていないものもアリ〼)

NINAGAWA・マクベス

CSで放送されていたものを観ました。

メトロポリタン・オペラ 「マクベス

WOWOWで放送されていたものを観ました。

マクベス

野村萬斎さんの、です。
地元で公演があるので観劇に行く予定を立てています。




私がマクベスに関して見聞きしたものはざっとこんな感じです。結構、見聞きしたつもりなのですがこれでも「いきなり舞台で観ても分からんよな...」と思うので、丸ちゃんのマクベス関連の雑誌を読み漁ったりしています。解釈の仕方でかなり違いますからね...私はそこが一番、怖いです。